サピエンスの日々

サピエンスの思考ブログ.時々本や旅、建築などを添えて.

あせらずいこう

f:id:hidesapiens:20210422082915j:plain

 

文字を長く見つめていると次第に文字の意味がわからなくなってしまう、そのような知覚の現象をゲシュタルト崩壊という。

きっと思考にもゲシュタルト崩壊があるに違いない。

考えてもなかなか答えがでない問題がたくさんある。

考えても考えても同じところを堂々巡りする。次第に体に絡まって身動きが取れなくなる。

結局何が言いたかったのかすらわからなくなってしまう時もある。

そんな時、どうすれば良いか?

 

ゲシュタルト崩壊を治す方法はシンプルだ。見るのをやめれば良い。

答えがでない時は焦って答えらしいものを出さず、休むことも大事なのだそうだ。

深呼吸したり、散歩して自然に湧き上がるのを待つ。

いくら待ってもやって来ない場合は全く違うことを始めてもいい。

考えるだけ考えたらあとは無意識が思考してくれていると信じて。

 

慌てず自分の答えをじっくり探そう。

あせらずいこう。