サピエンスの日々

サピエンスの思考ブログ.時々本や旅、建築などを添えて.

ネガティブになりやすい人が知っておきたい認知バイアス6選

f:id:hidesapiens:20210426184502j:plain

 

こんにちは。hidesapiensです。 

考えることを考えるサピエンスです。

 

 ―世の中悪いニュースばかりだ
 ―どうせ良い事なんてない
 ―自分ができる事は誰でもできる
 ―昔は良かった

 

ついネガティブになりやすい人は、その原因が自分の性格や能力の問題だと思いがちではないでしょうか。

もしかしたらそれは人間が本来から持っているバイアスによるものかもしれません。

 

バイアスとは思考の判断や判断の偏りのことで、心理学では人が抱きがちな思い込みのことを「認知バイアス」と呼んでいます。

認知バイアスについて知ることで、人は誰しもが少なからず偏見ないしは思考の偏りを持っている事に気付くことができます。

 

問題の原因が能力や性格ではなくバイアスにあることがわかると、自分の能力や性格を無駄に責める必要がなくなります。
そして自分が陥っているバイアスに気付くことによって、行動を改善できるかもしれません。

 

社会心理学認知バイアスの中からネガティブに陥りやすい人が知っておきたいバイアスを6つ紹介します。

 

 

ネガティビティ・バイアス

ネガティビティ・バイアスは「ポジティブな情報よりもネガティブな情報の方が行動に強い影響を与えるバイアス」をいいます。

 

良いニュースよりも悪いニュースの方が印象に残りやすいのはなぜでしょうか。

ネガティビティ・バイアスは人類が災害や事故などの脅威から身を守るために、ネガティブな情報を記憶に残すように発達してきた脳の自然な働きといわれています。

 

ネガティビティ・バイアスは人間関係にも影響します。

良い印象よりも悪い印象の方が記憶に残りやすく、一度悪い印象を抱くと印象はなかなか変える事ができません。それは相手も同じです。

ネガティブな感情を抱き続けると、対人関係を悪化させたり、人間不信になってしまうおそれもあります。

 

良いところだけを持っている人も、悪いところだけを持っている人もいません。
良い人間関係を築くためには、悪い印象ばかりに捉われず相手の長所を見つけるようにしましょう。

 

スポットライト効果

スポットライト効果は「自分の外見や行為が他者に注目されていると過度に考える傾向」 をいいます。

カットに失敗しておかしな髪型になってしまい、クラスメイトがどんな反応をするか不安になりながら登校したことはありませんか。

実際にはそんなに気にされず、自分が意識しすぎていただけ、といった事もスポットライト効果のひとつと考えてられます。

自分の発言や身だしなみなど適度に周りの目を気にするのは良いことです。歳を取るほど周囲の目というのは気にならなくなります。良くも。悪くも。

 

大勢の前で失敗してしまい、恥ずかしい気持ちになるのは多くの人が経験した事があると思います。

そんな時、失敗を振り返って反省することはあっても、過度に落胆したり自暴自棄になったりせず、自分が思っているより周りは気にしていないことを思い出して冷静になりましょう。

 

計画の誤謬

計画の誤謬は「計画の達成にかかる時間を実際よりも短めに見積もる傾向」をいいます。

勉強の計画や仕事の納期において、自分が想定していたよりも遥かに時間がかかっていまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

できなかったのはあなたの能力のせいではなく、誰しもが持っている傾向なので安心してください。

 

どうしても遅れてはいけない期限を設定する際には、あえて自分ができると思う時間から1.5倍等に加算して余裕を持ち、 計画に送れないようにすることが対策のひとつとして挙げられます。
自分の経験が少ない場合は経験者にどれだけ時間がかかるかを相談するのも良策です。ただし相談相手にも計画の誤謬がある可能性があることをお忘れなく。

 

平均以下効果

平均以下効果は「困難なタスクに直面した時、自分の能力を過小評価する効果」をいいます。

長い時間をかけて取得した資格においても、自分ができたなら誰でもできると思っていませんか。

平均以下効果により自分が得意なことは他の人もできると思い込み、自分を過小評価している可能性があります。

他にも、歳を重ねた人は同じ年の人よりも自分の魅力がなく、運動能力も落ちたと決め込む傾向がある、という報告もあります。もちろんそんなことはありません。

 

あなたがこれまでやってきた事は誰にでもできる事ではありません。<>br/>自分の行いを過小評価せず、謙虚さを忘れない程度で自信を持っていきましょう。

 

バラ色の回顧

バラ色の回顧は「過去の出来事を、その時点での評価よりも良い評価の記憶として思い出す現象」をいいます。

確かにある面では過去の方が良かったこともあるかもしれません。

それでも、あの頃はよかったと回想することはあっても、過去の事ばかりに気が向いてしまい、今を否定するのは良い事ではありません。

 

過去を「昔は良かった」「昔の自分はできた」など美化しがちですが、当時の問題やコンプレックスだった事は都合良く忘れ去られていることも多いです。

 

どんなに素敵な過去を持っていても過去は過去。
過去の良かった事は取り入れつつ、今だからできることを考えていきましょう。

 

 

気分一致効果

気分一致効果は「良い気分の時には良い情報を、悪い気分の時には悪い情報をよく思い出す傾向」をいい、感情と記憶についての関連性を挙げています。

例として体調が優れず憂鬱な気持ちでいると、良くない出来事を思い出したり、相手の悪い点が目立ってしまうようなことが挙げられます。

研究では、気分が悪い時には気分が良い時よりも相手の評価が否定的になる、といわれています。

 

ただし、個人の特性によって気分不一致効果という対の効果も見られ、悪い気分でも必ずしも悪い記憶に繋がる人だけでなく、良い記憶を思い出す人もいるとされています。

 

 

悪い出来事があった時は負の感情を紙に書きだしたり、話のわかる友人に相談して、なるべく悪い感情と記憶が連鎖しないように気をつけましょう。

 

まとめ

認知バイアスには様々な種類があり、意図せず行動を左右しているものがあります。

ネガティビティ・バイアスのように、連日のコロナの報道でネガティブな気持ちになる可能性を孕んでいるものもあります。

ネガティブなことは必ずしも悪いことではないですが、情報を正しく捉え、不用意に印象を操作されないように思考していけたらと思います。

 

ネガティブになる原因が社会情勢や自分の性格や能力の問題に限らず、認知バイアスにもあることがわかることで、少しでも楽になっていただけたら嬉しいです。

 

今後も役に立つ思考に関する研究などをわかりやすく紹介していけたらと思います。

 

気に入って頂けましたら、スターをいただけると記事を書く励みになります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 


 

参考:

認知バイアス一覧で社会心理学入門~社会科学の知の蓄積を活用した社会教育の実現に向けて~』暁 美焔

http://lelang.sites-hosting.com/naklang/method.html

『情報を正しく選択するための認知バイアス事典』(2021) 情報文化研究所,フォレスト出版

 

 

 

にほんブログ村ランキング参加中。ポチっとして頂けたら嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ